リフォームの前に確認しておきたいこと

subpage1

マイホームを購入したなら必ず訪れるのがリフォームの時期です。


住宅に使われている建材やどのような土地なのかでも耐用年数は変わってきますが、一概に言えるのは、リフォームは依頼してすぐに取りかかれるものではありませんので早めに計画しておいた方が良いということです。

リフォームの計画にはどこをどう変えるのかなど、まるで新築の設計をしているかのような楽しみもあります。
予算内で収まるように計画すれば特に問題はないでしょう。


ただし気をつけなければならないことがあって、建築基準法や住宅が建っている地域の条例などに変化があったかもしれないということです。

せっかくプランを計画したのに建築基準法に引っ掛かっては元も子もありません。プランを考える前に確認しておいた方が良いでしょう。

江戸川区のリフォームの情報を知りたい方必見です。

新築の住宅を住宅ローンで購入すると減税が受けられるのは多くの方がご存知かと思いますが、リフォームも同じように減税の対象になります。

最近では最初からバリアフリー化されている住宅がほとんどですので、わざわざバリアフリーにすることはあまりないでしょう。



しかし増築や省エネといった分野はまだまだ需要があるようです。

こうしたリフォームを行うことで減税の対象となりますが、100万円を超えるものでないと対象外になってしまいます。ちょっとした建材の手入れ程度では100万円もはかかりませんので減税の対象にはなりません。



ただし、減税制度は毎年更新されるので予めよくチェックしておいた方が良いでしょう。