高齢の親が安全に生活できるためにリフォームする

subpage1

自分や配偶者の親にはいつまでも元気でそして長生きしてほしいと思うのが子供の願いです。
しかし、若い時はどんなに活動的であった人でも、高齢にあると様々な健康上の問題を引き起こしますし、体力もだんだん弱ってきて少しの段差でつまずくこともあります。
それで、高齢の親が安全にそして安心に生活するために、リフォームを行いましょう。

江戸川区の不動産売却査定に関するお役立ち情報コーナーです。

まず、行うことができるのは各部屋の段差を解消することです。



高齢になると足腰が弱ってきて1〜2センチの段差でもつまずいてしまいます。
つまずくと、骨折する可能性もあります。

それで、段差を解消してフラットにするならつまずくことが少なくなるでしょう。

さらに、手すりを取り付けましょう。

階段やベット付近さらには入浴の際、浴槽に入る時と出る時に足を滑らせて転倒しないように、しっかりと取り付けましょう。
段差を解消して、各部屋に手すりを取り付けるだけでも、簡単にそして比較的費用がかからずにリフォームすることができます。
高齢者のためのリフォームは、介護保険が適用される場合がありますので、介護福祉事務所などに問い合わせてみると良いでしょう。
また、福祉住環境コーディネータなどに相談すると、高齢者のための快適な住環境作りの提案をしてもらうことが出来ます。


ぜひ、高齢の親にいつまでも健康であるために自宅内をよく見まわして、リフォームできる部分はできるだけ早くリフォームをして安全に生活してもらいましょう。