リフォームの際には防災用品置き場も考えましょう

subpage1

家のリフォームを考える時には、災害の際の備蓄用品のスペースも忘れずに設けるようにいたしましょう。


東日本大震災以来、災害のための備蓄を真剣に考える人は多くなっています。

実際、日本のあっちこっちで災害が起きている現状を考えるならば、逃げる際に持ち出す用品の準備は怠らないようにする必要があるでしょう。

では、災害関連の用品のために、リフォームの際にはどれ程のスペースを取り分けるべきなのでしょうか。水や食料は少なくても1週間分ほどは備蓄するのが望ましいと考えるならば、どれほどのスペースを取るべきかということがわかるでしょう。しかし必要なのは食料品さけではありません。



それに加え、他にも様々な防災グッズを必要とします。

懐中電灯やラジオといったものも必要でしょう。

さらには救急箱や衣類なども当然持ってゆきます。それでは、そうしたものを置くための収納スペースをどこに設けることができるでしょうか。専門家によってその意見は分かれます。



例えば、寝室に置くのが良いという人もいます。

江戸川区の注文住宅について興味がある方にオススメのサイトです。

寝ているときに災害が起きたなら、すぐに運び出すことができるからです。

また玄関に置くことも一つの方法といえます。逃げる途中に防災グッズがあるというのは理想といえるでしょう。

しかし、それでもなかなか理想通りにはいかないという人もいるはずです。
いずれにしても、すぐに持ち運びができるところに置くのがベストといえます。リフォームの際には、防災用品置き場のことも計画の中に含めることをお勧めします。